法華経一石一字二部塔

江戸時代初期、多くの犠牲を出した島原の乱
慰霊の塔が今もたたずみ、番所踊りと共に当時を物語る

法華経一石一字二部塔と番所踊り

bansyoato.jpg番所跡

法華経一石一字二部塔

町指定 有形文化財 建造物 平成4年11月16日 高浜 吉富漁港入口前

pc_1139176189.jpg

寛永年間(1637年頃)、島原・天草の乱に中津・小倉両藩も出陣し、多くの死傷者を出しました。
その供養のため、文化元(1804)年8月、遠見番所の前の広場に建てられたものが「法華経一石一字二部塔」です。
正面に「法華経一石一字二部塔 文化申子年八月」と刻まれています。
また、法華経一石一字二部塔の周りで、番所踊りが踊られていたそうです。

番所踊り

 

番所踊り.jpg

 

町指定 民俗文化財 無形
平成4年11月16日 小犬丸 八幡古表神社

「番所踊り」の由来は、寛永年間(1637年頃)島原・天草の乱に中津藩が出陣し、多数の死傷者を出したため、その供養踊りとして始まったとされています。

寛永15(1638)年、高浜海岸に遠見番所が造られ、番所の広場の供養碑の周りで、小祝の人たちが参加して踊っていたそうです。

また、一説には番所にあまり人が寄りつかないため、番所役人が女性や子どもを集め、菓子などを与えて踊らせていたとも伝えられています。

現在では、喜連島や高浜の婦人たちにより「番所踊り保存会」が組織され、普及・伝承活動を行っています。

いまも伝えられる「番所踊り」の歌

番所オオホエ 御場がアー広い
ヤッコラセ 広い番所に来て踊れ
番所役人ソレヤ ホンホーエ 親切者よ
ヤッコラセ 腹の痛い時や 万金丹
盆の一六日ソレヤ ホンホーエ 踊らぬ者は
ヤッコラセ 猫か鼠か古狸

吉富町ロゴマーク

福岡県築上郡吉富町

吉富町役場 〒871-8585 福岡県築上郡吉富町大字広津226番地1
吉富町 電話 0979-24-1122(代表) FAX 0979-24-3219 メールでお問い合わせ
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土日祝日除く)
ホームページに関するお問い合わせは 企画財政課[電話 0979-24-4071]まで

アクセス数: 00787

QRコード

携帯サイトは
こちら >>