どんど焼き

どんど焼きとは

 どんど焼きは、日本全国に伝わる無病息災・五穀豊穣を祈る火祭りで、小正月(こしょうがつ=1月15日)に行われています。長い竹や木、藁(わら)、茅(かや)などを一か所に積み上げてやぐらを組み、家々から持ち寄った松飾り、しめ縄などの正月飾りや書き初めなどを飾り付け、神事を行った後に火をつけて燃やします。残り火で餅を焼いて食べたりもします。
 古来、火は尊く、祓いの力があると考えられてきました。お正月に天から下ってきた歳神様は、どんど焼きの煙に乗って天に戻っていくと言います。そのため、どんど焼きの神聖な火にあたり、焼いた餅を食べると一年間健康で過ごせると伝えられているのです。

 

 

どんど焼きの語源と起源

 どんど焼きの語源は、火が燃えるのを「尊(とうと)や尊(とうと)」とはやし立てたその囃し言葉がなまったもの、火がどんどん燃える様子からなど諸説あるようです。
 平安時代の小正月に、宮中で青竹を束ねて立て、(まり)を付く木製の杖「(ぎっ)(ちょう)」を三本結び、その上に扇子や短冊などを添え、陰陽師(おんみょうじ)が謡いはやしながらこれを焼く「さぎちょう(左義長・三毬杖)」という行事があり、それが民間に伝わりどんど焼きとなったと言われています。現在でもどんど焼きを左義長と呼ぶこともあるそうです。

 

日程

 町内では近年、一度は途絶えた伝統行事を見直そうと有志の方々のご尽力で、どんど焼きの行事が復活し、実施する地区が増えています。日程は以下の予定となっています。
 

日程 地区名 場所
1月7日(日曜日)10時30分から 広津上 山国川河川敷ローラースケート場横
1月7日(日曜日)13時00分から 喜連島上・下 吉富漁村センター付近
1月7日(日曜日)15時00分から 高浜 高浜公民館付近の河川敷
1月13日(土曜日)10時00分から 小犬丸上 小犬丸上公民館付近の河川敷
1月14日(日曜日)10時00分から 小犬丸下 昭和保育園西側の田んぼ
1月14日(日曜日)13時00分から 界木 巡回バス界木バス停北側
1月14日(日曜日)13時00分から 鈴熊 五社神社
1月14日(日曜日)16時00分から
※雨天時28日(日曜日)に変更
直江 直江交差点北側の田んぼ
1月14日(日曜日)10時30分から 昭和 吉富タクシー前の河川敷
1月20日(土曜日)13時00分から 土屋 壷神社横の子ども広場
1月21日(日曜日)12時00分から 広津下 山国川河川敷
1月21日(日曜日)13時00分から 今吉上・下 今吉交差点付近
1月21日(日曜日)13時00分から 和井田 和井田公民館前の田んぼ
2月11日(日曜日)13時00分から 別府 特別養護老人ホームさくら苑付近
 
どんど焼きの様子(広津上)
吉富町ロゴマーク

福岡県築上郡吉富町

吉富町役場 〒871-8585 福岡県築上郡吉富町大字広津226番地1
吉富町 電話 0979-24-1122(代表) FAX 0979-24-3219 メールでお問い合わせ
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分(土日祝日除く)
ホームページに関するお問い合わせは 企画財政課[電話 0979-24-4071]まで

アクセス数: 00081

QRコード

携帯サイトは
こちら >>