メニューを閉じる

【新型コロナウイルス関連】吉富小学校での児童用マスク作りについて

2020年04月14日 更新

吉富小学校では、4月14日から新型コロナウイルス感染予防対策の一つとして、給食調理員や学習支援員、学習支援補助員による児童用のマスクづくりを始めました。
この取組みは、マスクの入手が難しい現在の状況において、臨時休校明けの児童388人全員がマスクを着用して安心して学校生活を送ることができるように、町が発案して始めたものです。マスクは、町が提供したサラシ布を使って、横12cm、縦10cmの大きさになるようにミシンを使って縫い合わせ、ゴムひもを通し、手作業で丁寧に製作しています。
製作にあたった先生たちは、臨時休校中の子どもたちの健康と、一日も早く学校が再開できることを願いながら、1枚1枚大切に、心をこめて作りあげていきました。

マスク1 マスク2 マスク3

お問い合わせは教育委員会
 教務課

電話0979-22-1944

窓口:フォーユー会館内  
〒871-0811 福岡県築上郡吉富町大字広津413番地1
上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る